ウラミキ読書日記♪

おもに読書日記です。

近代史も好き♪

ノモンハンの夏」

「ジェノサイドと文化大革命 内モンゴルの民族問題」

 

少し前に「ノモンハンの夏」を読んだな。 

兵隊さんが山ほど無駄死にした、かの有名なノモンハン事件のお話。

何かを読んだときに繋がった興味で読んだのだけど、

何を読んでて、この本に来たのかな? 覚えてないや。

 

文体は少し硬めで読みやすくはないのだけど、史実を羅列というよりかは

少し物語風にもされてて、読切ることができました。わかりやすい。

 

上層部の無知無謀、現場の「やってやれ!」的な暴走。

こういう時、「本当に男の人って野蛮だなぁ。」と思ってしまう。

 

「男の方って、一週間もすれば忘れてしまうような事で決闘なさるのね。」

というセリフが思い出されます。.+:。(´∀`)゜.+:。

 

この本で初めて知りました、

モンゴルには「モンゴル国」と「中国モンゴル自治区」とがあるのだと。

中国モンゴル、「内モンゴル」はなぜ「モンゴル国」と分離しているのか?

最初は戦争の中で中国がぶんどった領地化と思ってましたら、そうでもない。

 

内モンゴルの人たちは人たちで、別に国を作りたかったのね。

で、なにやら手続き間違って中国に併合されてるなぁ。

 

「ジェノサイドと文化大革命 内モンゴルの民族問題」

でもって、自治区少数民族への中国政府の取り扱いを知りたかったのですが。。

 

前書きの文章の時点で嫌な予感が。。。

筆者が内モンゴルの人なのですが、

前書きの時点でもう、中国共産党政府への激しい憎悪があふれんばかり。

 

読み始めてみたら虐殺の手口がやたらと羅列してある。

「〇〇村の誰誰さんの場合。」 みたいな感じで、延々と拷問の羅列。

読んでてさすがに気分が悪い。 低俗なスプラッタ映画だ。

4分の一ほど読んだ時点で嫌になり、後半をパラパラめくってはみたけど

最後まで 拷問とレイプと虐殺の報告書でした。

 

拷問とレイプと虐殺を心ゆくまで読みたい人にはおすすめー。

 

 

 

文学は難しい。 どう楽しむのかが難しい。

本が好きなのだから、「名作」と呼ばれる文学作品もいくつか読んでみようと

チャレンジする時もある。

 

学生の時に国語で読まされた夏目漱石太宰治芥川龍之介は読み物として

それなりに面白かったのを覚えている。

 

で、いくつか手に取ってみたのが。

樋口一葉たけくらべ

川端康成眠れる美女」「みずうみ」

阿部公房「壁」

 

たけくらべ」 よみずれぇぇーー!!(。-人-。)  文体、古くてよみずれぇ。。

進まない、進まない、進まない。断念。

 

眠れる美女」「みずうみ」

不思議な世界観。 不思議。 不思議とあるシーンは頭に残っている。

川端さんは、なにか「川端ワールド」なるものがあるなって思えた。

 

「壁」 これなぁ。。。。夢を書きだした、「夢日記」なんじゃないかな~。。。

夢では、こんな事がよくあるよな、て思う、夢を書きだした感じがする。

「あー、そんな夢をみたんですかぁ。」としか返事できない感じの。

自分の父親と会話してたつもりが、相手が大学教授にかわってたり。

あ、夢ではよくある、よくある。

 

てな感じで、これから先、文学に手を出しそうにないなぁ。

 

 

現実逃避のための量子論

「図解 量子論がみるみるわかる本」

「量子革命 アインシュタインとボーア、偉大なる頭脳の激突」

 

現実逃避をする方法って色々とあると思う。

南の島の写真集をながめてみたり、泣けるドラマを一気に見てみたり。

 

私の場合は物理学に跳ぶ。世界の構造を理解しようと跳ぶとき、

日々の悩み事なんて小さなことのように思える。

 

図書館で好きなだけ本を借りれると知ったとき、まずやろうと思ったことが

量子力学を改めて理解することだった。

昔に理解しようと頑張った結果、「よくわかんないー。」で終わってたから。

 

まずは中高生でも理解できるように書かれた図解付きの本を

おさらいも込めて借りてみた。「図解 量子論がみるみるわかる本」

なのに。。。。途中、途中で出てくる言葉が。。。

「よく解らないと思いますが、気にせず進みましょう。」だとは!!

(*゜ノO゜)<オオオォォォォォォーーーイ!

 

そこなんだよ! そこが重要なんだよ!!(笑)

 

ま、でも、量子論がおさらいでき、図解で実験などもよく理解でき。

波の干渉、スペクトル、放電効果など。なつかしいなぁ~。。。

 

しかし、この本の結論は

「イメージできずらいと思いますが、今では量子論は幅広く使われている技術です。」だった。。。それ、あかんやん。

 

アインシュタインさんは有名人だけど、

あまりボーアさんは知られていないよなぁ。かわいそう~。。」と思いつつ、

次の本へ。これもアマゾンで評価が高かったから。

 

「量子革命 アインシュタインとボーア、偉大なる頭脳の激突」

 

おおお!しょっぱなから科学者たちの名言が並んでいるが!

困ったぞ!

量子論をわかったと言う人は解ってない人だ。」

いやぁーーー! 困るんだって~!!! (」°ロ°)」オーイ!!

 

しかし、内容は素晴らしい本だった!

科学者たちの簡単な生い立ち、誰の下で師事し、どこの大学で教員として採用され、

誰の論文により触発され、だれの実験結果から推測し、何を思いつき、

その考えをどうまとめ、どの会議で発表し、どんな反論が出て、、

 

時系列に従って、みごとにまとめ上げられている。

 

さらには第一次世界大戦第二次世界大戦

不穏な空気がたちこめるヨーロッパの情勢、ヒトラーの台頭、

ドイツで研究するユダヤ人の科学者、ドイツ人の科学者、各国の科学者、

科学者それぞれの政治的立場、思想、その立ち振る舞いも書かれている。

 

見事である。どこにも偏りなく、すべてが簡潔に書かれている。

大変素晴らしい読み物である。

難点としては、量子力学をある程度解ってる人しか読めないな。

実験を文章だけで書かれても、なかなか。

 

で、結局、量子論はやっぱり「よくわかんねぇ~。。。」なのであった。(笑)

ほんと、改めて量子論を解ろうとした結果は、よくわかんないという事だった。

 

 

繋がっていく興味としては「どう量子論が今の技術に結びついているのか」

トランジスタコンデンサー、集積回路、この構造をネットで調べなおす。

 

もう一つは原爆の父、オッペンハイマーさんの立場だった。

これもネットで調べた。 彼について書かれた書物も借りようかと思ったが、

ネット検索でやめておいた。なんて不遇な人生なんだろう。

 

「人類を滅亡させるほどの爆弾を作れば、

誰も戦争をしなくなるのではないかと思っていたのに、

今までの武器と同じ感覚で原爆を使うなんて。同じだなんて。」

水爆の制作に反対し、親族が共産党だったこともあり、

情報を外へ漏らすのではないかと思われ、つねに監視と盗聴の対象とされた。

 

かなしいなぁ、オッペンハイマーさん。知らなかったなぁ。

いつも、男前の写真と、名言とのイメージでクールガイだと思ってたわ。

原爆に反対したアインシュタインさんと、別の立場を取ってたのだと勘違いしてた。

 

「我は死神なり。世界を破壊するものなり。」

 

 

 

 

 

 

まず、書くことから。 うーん、まだよく使いこなせないなぁ。。(。-人-。)

本が好きで。アマゾンなどで本を検索していると止まらなくなります。

読みたい本が多すぎて。 でもいい値段してるし。

いつもはネット上の古本屋で安くなったものを購入しては取り寄せて読む毎日でした。

 

半年ほど前、本好きのゆきちゃんという女友達が出来まして。

「図書館使えばいいのにー」と言われました。

「うちの近所の図書館は、小さくて蔵書も少ないの。」と答えましたら、

「みきちゃん、古い~! 

今時、図書館は、ネットで検索、予約、取り寄せ、受け取り!」

なんですとぉぉぉぉおぉぉぉぉーーー!( ̄∇ ̄;) ガーン!

そんなハイテクになってるなんて知らなかった!

 

そして半年前から図書館ヘビーユーザーに成り果てました!

すばらしきかな、図書館! о(>∀<)о 

 

こうなりますと、アマゾンの「欲しいものリスト」に入っていました本、

片っ端から借りてきては読む毎日。けっこうマニアックな本も手に入ります。

こうして幸せなほどマニアックな世界に浸っている毎日ですが、

インプットした知識に感動したところでアウトプットする相手がいませんな。。

 

そういえば昔はミクシーで読書日記を書き連ねてたところ

誰もコメント入れないので

はて、どうして?と思いましたら、

「あんたの投稿、返事しづらい。。。」とのお言葉を頂きました。(笑)

 .+:。(´∀`)゜.+:。

 

ま、いいや。 反応は期待しないでアウトプットだけを楽しもう。

はけぐち、はけぐち。

 

ブログ元年。

挨拶と自己紹介かぁ~。。。。

初めまして。 ブログをやってみようと思っています。

本を読むのが大好きで、主にミステリー小説を読んでいますが、

知識本にうずもれる時期がありまして。

図書館から片っ端に、気になる話題の知識本を借りてきては感動する毎日を

送っております。

感動してみたところで、誰もそんなマニアな話は聞いてくれないので。(笑)

そりゃそうだ。(笑)

日記にしてみることにした次第です。

「読書日記」です。 

よし、「記事を書く」はクリアか??